鞄一つで飛び込める神奈川のマンスリーマンションは、出張などに最適!

マンスリーマンションでの非常時の対応

マンスリーマンションに住んでいて、地震によって大きな揺れが起こった場合に火災が発生する事を考慮して、住む時に非常口や安全に避難する為の階段などを確認しておく事は大切です。地震の時に大きな揺れが発生している際に部屋にいる場合、むやみに外へ飛び出すと危ないので、机の下などの安全な所に潜り込みながら揺れが収まるまで待機する事が安全です。
被害などの状況によっては、現状をマンスリーマンションを借りた不動産屋の担当者に報告したり、近隣の人と状況を確認しながら身の安全を確保します。地震や台風などの状況が落ち着いたら、ガスコンロの周辺などの安全を確かめます。
地震や台風などが起こっている時は停電する可能性が高いので、揺れが収まったり、台風が通り過ぎても非常用の電灯に切り替えて、非常用の電灯で復旧まで生活する事が多いです。マンスリーマンションによってはガスも止まってしまう事が多いので、復旧した時にマイコンメーターなどの操作の方法などを不動産の担当者に尋ねておくと良いです。
部屋に付いている給湯器やお風呂場から出る熱湯は、停電などで電力やガスなどが途絶える事で出ない場合が多いです。電気の復旧を確認してから、マイコンメーターを正しい手順で切り替えても、熱湯が出ないなどの不具合が生じたらすぐに現状に関して不動産屋の担当者に尋ねます。

注目の記事

マンスリーマンションでの非常時の対応

マンスリーマンションに住んでいて、地震によって大きな揺れが起こった場合に火災が発生する事を考慮して、住む時に非常口や安全に避難する為の…

マンスリーマンションの保証人

通常賃貸などでマンションを借りるという場合には、保証人や連帯保証人というものが必要になってきます。マンスリーマンションにおいて…

仲介手数料のない賃貸物件に住みたい

賃貸物件を借りるときの仲介手数料は、家賃の半額分に相当するなどかなりの負担額になります。それは文字通り仲介のための手数料なので十分正当…

マンスリーマンションはメリットがいっぱい

もしも出張や長期の旅行などで1ヶ月以上滞在するなら、マンスリーマンションがおすすめです。費用もホテルなどの宿泊施設に比べて割安…