鞄一つで飛び込める神奈川のマンスリーマンションは、出張などに最適!

注目の記事

マンスリーマンションでの非常時の対応

マンスリーマンションに住んでいて、地震によって大きな揺れが起こった場合に火災が発生する事を考慮して、住む時に非常口や安全に避難する為の…

マンスリーマンションの保証人

通常賃貸などでマンションを借りるという場合には、保証人や連帯保証人というものが必要になってきます。マンスリーマンションにおいて…

仲介手数料のない賃貸物件に住みたい

賃貸物件を借りるときの仲介手数料は、家賃の半額分に相当するなどかなりの負担額になります。それは文字通り仲介のための手数料なので十分正当…

マンスリーマンションはメリットがいっぱい

もしも出張や長期の旅行などで1ヶ月以上滞在するなら、マンスリーマンションがおすすめです。費用もホテルなどの宿泊施設に比べて割安…

鞄一つで入居できる神奈川のマンスリーマンション

マンション

普通の賃貸マンションを借りるとなると、家具や家電も揃えないといけませんし、基本的に2年契約です。敷金や礼金でまとまったお金も必要になってきますし、気軽に住めるというものではありません。しかし、マンスリーマンションであれば同じマンションタイプの住まいですが、通常の賃貸マンションよりもずっと気軽に住む事ができます。
というのも、マンスリーマンションは一年未満の契約が基本で、家具や家電はついていて敷金礼金はありません。鞄一つで入居したその時から生活が送れるのです。この気軽さというのは他にはなかなかないのではないでしょうか。マンスリーマンションは仮住まいなのですが、ホテル程高くはありませんし、より普通の生活に近いと言えます。そして賃貸マンションよりも気軽で、身軽に生活ができるという事も間違いないでしょう。
鞄一つで飛び込めるマンスリーマンションは出張であったり、一時的な滞在などにはもってこいです。ホテルよりも安く賃貸マンションよりも気軽なマンスリーマンションは必要な時にはどんどん活用していくようになさってください。
皆さんにとってこのマンスリーマンションのお話が生活において役に立ってくれればと思っています。

マンスリーマンションに住む際の住民票の取り扱い

受験や一時的な出張などの用件で、ウィークリーマンションなどの短期契約型の物件に移り住む場合は、基本的には住民票を移せない事が多いです。1週間程度の滞在で契約する際は、1週間というスパンで退去を行う事が決定している為に、移り住んだ後の物件が正式な住所として認められないからです。
一方でマンスリーマンションなどの物件で、長期に住む事を条件として住む事を承諾した場合は住んでいる期間によっては住所として認められて、住民票を移せる事ができる可能性が高いです。
短期的な滞在の時は、基本的に登録している住所に関して移す手続きを行う必要が無いです。一時的な滞在である事を考慮すれば、利用者や銀行などにとって住所を移転した場合に面倒になるからです。
長期的に住む事が分かった場合、住民票の移転などに関して不動産屋の担当者と相談する事が良いです。どのくらいの期間の滞在で住民票を移せるのかなどをしっかりと担当者と話し合って、移せる条件をしっかり把握しておくと市役所などへの手続きがスムーズに行えます。
現在の住所から郵便物などをマンスリーマンションに住んでいる部屋に移せる事も可能なので、担当者から住民票を移せる事の許可が出たら市役所などで手続きを行います。

ミニマリストの生活ができるマンスリーマンション

フリーで仕事をしているのですが、自分の持ち物と言ったらノートPCと着替えぐらいのものであとは何もありません。定住しているという場所もなく、その時の気分によって全国各地いろいろな場所に住んでいます。自由の利く仕事をしているからこそできることですが、このような生活をすることができるのもマンスリーマンションがあるからですね。
マンスリーマンションがなければ、さすがにある程度必要な物を揃える必要が出てきますが、設備が整っているマンスリーマンションがある以上自分のようにどこかに定住するという生活をするのでなければ、物があると邪魔なので必要な物は部屋に備え付けられているというのは助かります。
周りには頼れる人もいませんから、保証人になってくれるような人もいないのですが、それでも簡単に部屋を借りることができるのは、マンスリーマンションの良いところですね。敷金や礼金などもかかりませんから、入居の際にまとまったお金が必要ということがないのも助かります。
どこかに一つの場所に腰を据えて生活するのも良いかなと思っているのですが、今はフリーの利点を最大限に活かして、好き勝手日本中を旅しながら生活をしていくのも良いかなと思っています。

おすすめ情報

おすすめ関連リンク集